犬・猫のペット保険比較ランキング|口コミでおすすめの保険

安全で評判のキャットフードを比較!

安全でおいしい!愛猫も喜ぶ評判のキャットフードを比較

猫の健康のためには、安全でおいしいごはんを選ぶことが必要不可欠です。
通販で誰でも買えるキャットフードの中から、特に評判の高いラインナップを比較しました。

そのご飯、本当に安全?キャットフードに潜む闇とは

ペットフードが原因による猫や犬の死亡例も

ペットフードが原因による猫や犬の死亡例も

キャットフードは猫の健康を守る要であり、人間と同じように安全性にも気を付けることが大切です。

以前は何が入っているか表示する義務がなく、粗悪なペットフードが流通し、国内外における動物の死亡や病気の発生が問題となったことがありました。

特に、平成19年のアメリカにおける有害物質(メラミン)混入事件では、ペットフードが原因で多数の猫や犬が死亡しましたが、実は日本でも輸入・販売されており、知らずに大切なペットへ与えてしまっていたという家庭もたくさんありました。

これを受けて日本では、平成21年からペットフード安全法(正式名称:愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律)が施行され、原材料名や原産国名、賞味期限などの表示が義務付けられましたが、残念ながら十分な内容とは言えません

ペットフード安全法だけでは安心できない!

ペットフード安全法だけでは安心できない!

飼い主からすると法律が施行されると安全な環境が整った様に感じますが、実は現行法には改善点がまだまだ多く存在します。

例えば、原産国の表示は必要ではありますが、あくまでも最終加工をした国を表示するのであり、どこの国のどんな材料が使用されているかは明確になりません。

配合量が5%未満であれば原材料として表示する必要がないため、質が悪く猫に安全でない材料でも安価であれば、キャットフードの増量などを目的に使用できることになります。

また、人間の食品基準と比べて添加物のボーダーが甘く、猫の健康を損なう可能性がある成分がキャットフードに入っている事も多々あるのです。

しかも、ペットフード安全法には罰則の規定がなく、守らなかったとしても企業に対してデメリットはありません。

つまり、形だけ存在している法律であり、コストや売り上げだけを考えて品質の低い材料を使用しているキャットフードはいまだ多数販売されているのです。

健康のために手作りするのは要注意!

健康のために手作りするのは要注意!

市販のペットフードの安全性を1つ1つ比較し確認するのは大変なこともあり、中には自分でキャットフードを手作りして猫に与えている家庭もあります。

自分で材料を選び調理するため、キャットフードの中身をきちんと把握できるという点では非常に安心感がありますが、実はかなり注意が必要です。

キャットフードを手作りするためには、猫の年齢や体重、代謝などの情報から必要なカロリーを計算しなければなりません。

その上で、猫が食べられる食材だけで必要な栄養素を満たすように献立を考えなければならず、獣医師や動物看護士などが学ぶような高度な専門知識が必要です。

初めは意気込んで勉強し、毎日懸命に作っていても、それを猫の寿命である15~16年も続けるのは飼い主にとっても非常に大変です。

安易に手作りキャットフードをはじめてしまうことで猫の栄養が不足し、愛情が逆に健康を害してしまう事例も少なくありません。

本当に大切な猫ちゃんのことを考えるのであれば、手作りは避け、安全性が高く安心して与えられるキャットフードを見つけた方が良いでしょう。

「安心して与えられる」と評判のキャットフードを徹底比較!

愛猫が長く健康でいられる安全性の高いキャットフードを調査し、品質や価格、食いつきの評判などからおすすめのラインナップを紹介します。
元来肉食の猫の食生活から、タンパク質30%以上配合されていることにも着目しました。

モグニャンキャットフード

モグニャン
安全性
★★★★★
価格
3,960円/1.5kg
定期コースは最大20%OFF
1日の費用
約146~188円(体重4kgの場合)
製造国
イギリス
粒の大きさ
5~7mm
対応年齢
オールステージ
メインの味
白身魚

モグニャンの特徴

  • 獣医師の88%が推奨する総合栄養食
  • 白身魚を63%も配合し、美味しさは抜群
  • 魚の香りが強いため猫の食欲をそそる
  • 材料から製造・販売まで品質管理が万全

モグニャンの品質チェック

獣医師がおすすめするキャットフードでもあり、どの年齢でも安心して与えられる安全なキャットフードです。

原材料名を確認したところ、材料・添加物・着色料・香料等で心配な成分は一切入っていませんでした。

猫が消化しづらい穀物を使用していないグレインフリーフードで、胃腸への負担がかかりません。

りんご、かぼちゃん、サツマイモ、サーモンオイルなど厳選された素材を絶妙に配合し、バランスの良い栄養が摂れる総合栄養食です。

イギリスからの直輸入品ですが、FEDAIF(欧州ペットフード工業連合)の基準を満たした清潔な工場内で徹底した品質管理の下、製造されています。

出来上がった後は専用機器によって分析をし、基準との差異がないことを確認して出荷されるため、内容や成分にバラつきがありません。

1つ1つのパッケージに製造番号がついており、製造日だけでなく原材料まで追跡できるようになっています。

こんな猫ちゃんにオススメ!

とにかく安全性の高さが最高峰のキャットフードで、愛猫への健康意識が高いご家庭で選ばれています。

香料不使用なのに香りが高く、猫ちゃんの食いつきが非常に良いので「健康食だと食べてくれるか心配」という飼い主さんにもおすすめです。

ドライフードが食べられる猫ちゃんなら年齢関係なく対応できるので、多頭飼いのお家でも重宝します。

小粒タイプなので、子猫や体の小さな猫ちゃんでも食べやすいキャットフードです。

最安値で買える公式サイトはこちら

カナガンキャットフード

カナガンキャットフード
安全性
★★★★★
価格
3,960円/1.5kg
定期コースは最大20%OFF
1日の費用
約120~158円(体重4kgの場合)
製造国
イギリス
粒の大きさ
約9mm
対応年齢
オールステージ
メインの味
チキン

カナガンキャットフードの特徴

  • 英国王室のエリザベス女王からも表彰を受けた一級品
  • チキン味の高品質フードを探している方に
  • 猫の必須アミノ酸「タウリン」も配合
  • ドライフードだけでなくウェットタイプもあり

カナガンキャットフードの品質チェック

モグニャンと同じ株式会社レティシアンが販売しており、同じく原材料に不信な点はなく、どれも安心して猫に与えられるものだけが使われていました。

特に、メインとなるチキンはイギリスで平飼いされていた新鮮なお肉を使い、60%以上も配合されています。

タンパク質量37%と高タンパクな嬉しいキャットフードですが、野菜やハーブも取り入れられており、必要な栄養素はしっかりと備わっています。

また、猫の成長や発達に重要なタウリンが1kgあたり2,200㎎も配合されており、毎日の食事が健康維持や病気の予防にも役立ちます。

グレインフリーにこだわって作られ、使用するすべての原材料は猫が安全に摂取できるものだけを使用する徹底ぶりです。

獣医師の目線から見ても安全性が高く、また猫がおいしく食べる事にも配慮されたキャットフードです。

こんな猫ちゃんにオススメ!

安全性や品質はモグニャンと大差ありませんが、カナガンの方が1食当たりの費用が安く、経済面を重視したいというお家ではこちらが選ばれています。

1日当たりの給与量がモグニャンよりも少ないため、小食な猫ちゃんでも少しの量でしっかりと栄養が与えられるのが嬉しいところです。

また、魚ではなくチキンが使われたキャットフードなので、外国種などのお肉好きな猫ちゃんが喜んで食べてくれます。

最安値で買える公式サイトはこちら

ジャガーキャットフード

ジャガー
安全性
★★★★★
価格
4,280円/1.5kg
定期コースは最大20%OFF
1日の費用
約142~158円(体重4kgの場合)
製造国
イギリス
粒の大きさ
約10mm
対応年齢
オールステージ
メインの味
肉・魚ミックス

ジャガーの特徴

  • 「手の届く贅沢」をコンセプトにしたこだわり品
  • ヒューマングレードの上質な素材を使用
  • キャットフードでは最上位レベルのタンパク質量
  • お肉もお魚も入った贅沢レシピ

ジャガーの品質チェック

デンマークの有名ペットフード会社の経営者だったクリスチャン・テグナー氏が、本当に質の高いペットフードを提供するために作られました。

原材料は人間が食べられるレベルのヒューマングレードのものを厳選し、工場でも品質管理官の目で確認されてから加工しています。

チキン、鴨、サーモン、マスなどの動物性たんぱく質80%以上を主体とし、マルベリーや朝鮮人参などでバランスを整えています。

添加物や着色料などの危険な成分は一切使用していない、グルテンフリーのキャットフードです。

作られたキャットフードは検査に合格してからパッキングされ、常に安全なものだけを販売しています。

さらにサンプルを12か月保管することで、出荷後の安全確認も行える体制を取っており、品質管理には万全を期しています

一般的なジッパーに加えてマジックテープもついており、品質の劣化と香りの低下をしっかりと防ぎ、長くおいしさが続きます。

こんな猫ちゃんにオススメ!

オールステージ対応のキャットフードではありますが、タンパク質量が40%と非常に高いため、元気な子猫~成猫に適しています。

寝ている時間が長い高齢猫は代謝が低下するため、もう少しタンパク質量や脂質量が控えられたモグニャンの方がおすすめです。

少し大きめの粒サイズですが、円形で中央に穴が開いているため噛み砕きやすく、口の小さな猫ちゃんでも安心です。

最安値で買える公式サイトはこちら

シンプリーキャットフード

シンプリー
安全性
★★★★★
価格
3,960円/1.5kg
定期コースは最大20%OFF
1日の費用
約129~158円(体重4kgの場合)
製造国
イギリス
粒の大きさ
約9mm
対応年齢
オールステージ
メインの味
サーモン

シンプリーの特徴

  • 世界累計100万袋以上の売り上げ
  • 英国インターナショナルトレード2017受賞
  • 動物栄養学者と共同開発
  • 黄金バランスの栄養素を実現

シンプリーの品質チェック

動物栄養学者デイビッド・サウジー氏と共同開発し、猫の生態に合わせて作られたキャットフードです。

メインのサーモンに加えニシン、マス、乾燥白身魚などを全体の73%も配合したほか、尿路結石、毛玉の排泄、消化をサポートする材料もブレンドし、より猫の健康管理に役立ちます。

粒の周りにはサーモンスープを使ったフレーバーソースがコーティングされており、自然な材料だけで猫の食欲をそそります。

穀類不使用のグレインフリーだけでなく、人工添加物や合成着色料・保存料も使っていません

FEDAIF(欧州ペットフード工業連合)の基準が守られた工場で作られており、製造過程は全てモニタリングで監視しているため、品質管理は万全です。

こんな猫ちゃんにオススメ!

粒のコーティングにより香りが際立ち、偏食傾向のある猫ちゃんや食に興味を示さない子でも、美味しく食べてくれます。

給与量の目安は他の製品に比べて幅が広く、与える量によってコストパフォーマンスが変化する点が少し難しいキャットフードです。

普段の食事量が1日45g程度の子であれば費用が抑えられますが、1日60g程度の子はやや割高です。

最安値で買える公式サイトはこちら

安心のキャットフードを選ぶための原材料の注意点

死亡・病気・障害動物を使った4Dミート

原材料の中でも特に重要なのが、獣医師も警鐘を鳴らす「4Dミート」の有無です。

4Dミートとは「Dead(死骸)」「Diseased(病気の)」「Dying(死にかけの)」「Disabled(障害のある)」の頭文字を取っており、これに当てはまる動物の肉が使用されているキャットフードを指します。

原材料名のところには「肉」「魚」といった表記ではなく、「ミール」「家禽」「肉副産物」「肉骨粉」といったよく分からない表示がなされている場合は、高い確率で4Dミートが使用されている可能性があります。

安く大量に生産できるため、特に安価なキャットフードで使用されていることが多く、「少しでも安いペットフードを買いたい」と思っている飼い主さんは要注意です。

添加物が病気やアレルギーの原因に

賞味期限を少しでも長く保つために防腐剤、品質低下を防ぐ酸化防止剤などが使われているキャットフードも多くあります。

天然素材を使った成分であれば安心ですが、人工的な成分は病気やアレルギーを引き起こす危険性があります。

注意したい成分はたくさんありますが、中でも下記は毒性が強いため特に注意が必要です。

BHT

酸化防止剤として使われるBHT(ブチルヒドロキシトルエン)は、塗料など食品以外の保存用として使用されてきた成分です。

毛が抜ける、痩せるなどの障害が起こるほか、動物においては発がん性が確認されています。

BHA

上記同様、酸化防止剤として使用されているBHA(ブチルヒドロキシアニソール)は、動物実験において甲状腺や膀胱の発がん性が確認されています。

大手キャットフードメーカーの原材料としても添加されており、有名だからといって安心できません。

エトキシキン

人間の法律においては食品への配合を禁止されている成分で、元々は農薬の酸化防止剤として使用されていました。

猫の体内に入るとアレルギー反応を起こすだけでなく、がんや皮膚病になる恐れがあると言われています。

没食子酸プロピル

ポリフェノールを原料とした酸化防止剤で、人間では「バターやマーガリンなどの油脂製品以外では使用できない」という規定があります。

一見それほど悪い様には感じませんが、キャットフードは油脂製品ではないため適切ではなく、さらに動物実験では腎臓・肝臓障害や発がん性なども確認されています。

亜硝酸ナトリウム

保存料として添加される成分で、肉や魚の「アミン」と結合することでニトロソアミンという物質へ変わり、発がん性を発揮します。

材料の黒ずみを猫が認識しやすい赤色に見せる時にも使われ、キャットフードによく含まれる代表的な危険添加物です。

ソルビン酸K

キャットフードの傷みを防ぐ保存料としての役割があり、他の添加物に比べれば比較的安全性が高い方ではあります。

しかし、発がんのリスクは否定できず、さらにDNAへ影響することで奇形の子猫を産む危険性も示唆されています。

着色料

猫は嗅覚でキャットフードを判断するため、本来であれば必要ありませんが、飼い主に対して美味しそうに見せるために用いられます。

赤系は発がん性や甲状腺障害、黄色は発がん性と喘息などのアレルギーを引き起こす危険があり、青系はアレルギー症状やウィルスへの反応を強くする恐れがあります。

キャットフードの種類と目的

総合栄養食

総合栄養食はその名の通り、規定の給餌量をしっかり守る事で、猫にとって必要な栄養素を与えられる食事です。

キャットフードの中でメインになる種類で、総合栄養食とお水だけあれば猫の食事は十分という事になります。

ただし、総合栄養食の中にも、年齢や猫の種類によって分けられていたり、室内飼育用や避妊・去勢用、毛玉ケア用など様々な種類・目的が存在します。

メーカーも味も多様にあるので、何個か少量のフードを買って試し、飼育している猫が好む食事を探しましょう。

なお、総合栄養食という表記は、ペットフード公正取引協議会によって決められた基準を満たした商品に限り、使用することが可能です。

たとえ総合栄養食としての機能を持っていると謳っていても、この協議会の基準を満たしていなければ、総合栄養食として販売することはできません。

一般食(おやつ)

総合栄養食のような栄養面での機能は持っておらず、高い嗜好性が特徴的なキャットフードです。

ドライフードのような見た目をしている物もたくさんありますが、一般食やおやつだけで健康を維持する事はできません。

通院や投薬、長時間の留守番などでストレスのかかった時や、「トイレを覚えた」「爪切り・歯磨きを頑張った」など特に褒めてあげたい時など、特別なシーンで上手に使うことが大切です。

また、ウェットタイプなど水分量の多い一般食は、脱水対策として活用することもできるので、夏などの暑い時期や飲水量が少ないと感じた時に与えるのも良いでしょう。

ただし、一般食は猫の体にとっては不要なものなので、毎日のようにあげてしまうと肥満に繋がります。

美味しそうに食べる愛猫やおねだりする姿を見ると、ついついあげたくなってしまいますが、1日あたり総合栄養食の20%以内に抑えるよう心がけてください。

療法食(治療食)

総合栄養食の1つですが、病気の管理や予防、不調の改善を目的に与えるキャットフードです。

肥満猫用のウェイトコントロールや、腎臓病用、食物アレルギー用など猫の状態に合わせて選択します。

現在はインターネットでも購入することができますが、病気や状態に適した食事を与えることが大切なので、獣医師の指導・アドバイスを受けて使用してください。

体に合っていない療法食を勝手に与えてしまうと、体調が悪化してしまう恐れがあり、飼い主の判断での給餌はおすすめできません。

また、療法食を与えている場合は一般食やおやつは基本的に併用せず、必要な場合は獣医師に相談した上で選びましょう。

ドライフードはどうやって選んだら良い?

原材料の信頼性の高さ

「安心のキャットフードを選ぶための原材料の注意点」でも紹介した通り、キャットフードは人間の食事に比べて管理が甘いのが日本の現状です。

大手だからといって必ずしも信頼できる原材料を使っているとは限りませんので、飼い主がしっかりと見極めることが大切です。

猫の健康のためには原材料や商品説明にも目を通して、自分が食べても安全だと思えるキャットフードをしっかり選びましょう。

安価に手に入るキャットフードは安全性に欠けている可能性が高く、値段だけで選ぶのは絶対にNGです。

1ヶ月以内に食べきれる量

特にドライフードは、少量タイプから大容量パックまで様々なサイズが展開されています。

一般的には、大容量で購入した方がグラム単価が安くなりやすいですが、1~2頭だけ飼育しているご家庭には向きません。

キャットフードを1度開封すると、その時点から酸素に触れて、中身の酸化が始まってしまいます。

1か月以上経つと成分が変わってしまったり、食いつきが悪くなってしまうので、100g以下の内容量を目安に食べきれる量だけを購入するのが良いでしょう。

もし、大容量パックしか購入できない場合は、自宅で真空パックに小分けに包装して、できるだけ鮮度を下げないよう工夫することが大切です。

愛猫の食いつきの良さ

キャットフード選びで大切なのは、成分や鮮度だけでなく、猫が美味しく食べてくれる事です。

魚好きの猫もいれば、肉好きの猫もいますし、メーカーやシリーズによってもキャットフードの味は異なります。

初めて食べさせるキャットフードは、サンプル品や少量タイプを利用して、よく食べてくれるかを2~3日ほど観察してみましょう。

食いつきが悪いまま与え続けていると、栄養不足になってしまい、体調不良を引き起こしてしまいます。

また、猫は3~4日以上ご飯を食べないと、肝臓で作られる「ケトン体」という物質が蓄積してしまい、最悪の場合は命の危険も招きかねません。

安全性はもちろん重要ですが、美味しい食事を用意してあげることも飼い主の大切な務めと心得ておきましょう。

関連記事

PAGE TOP