犬・猫のペット保険比較ランキング|口コミでおすすめの保険

犬の健康診断・管理の方法

犬の健康診断は行くべき?飼育で意識したい健康管理の方法

年に1回の健康診断は元気な様子で受けるため、本当に必要なのかと悩む飼い主さんも少なくありません。
今回は犬の健康診断の必要性や、健康管理で気をつけたいことをご紹介します。

犬の健康診断は本当に必要?

健康な時のデータが診断に役立つ

健康な時のデータが診断に役立つ

愛犬の健康を守るためには、年に1度の健康診断が必要不可欠です。

元気な時に病院へ行かなければならないため、本当に必要なのかと考えてしまう飼い主さんもいますが、実は健康な時に検査を行う事が大切なのです。

病気になった時に病気であることを診断するためには、「正常な状態でない」ことを判断する必要があります。

その正常の基準となるのは、一般的に言われている検査結果の基準値でもありますが、加えて個体差による違いも判断基準となります。

たとえば、Aちゃんという犬が血液検査を受け、コレステロールの値が基準値を少し超えていたとします。

一般的な基準値だけで見れば「異常・要再検査」という判断になりますが、Aちゃんが毎年健康診断を受けており、遺伝的に少しコレステロール値が高めに出るということが分かっていれば、これは「正常範囲」として判断することができます。

人の健康でも「私はいつも血圧が低めで」「若い時から血糖値が高めなの」などの声が聞かれるように、犬の健康にも個体差があり、全てが一般基準だけで決められるわけではありません

もちろん、検査結果は基準値やその他の検査項目も参考にして総合的に判断をしますが、健康な時に健康診断を受けてデータを蓄積することで、よりその子に合った診断が行える様になるのです。

また、個体差がわかれば余分な検査を省くことができ、結果的に費用や時間、愛犬への負担の軽減にもつながります。

早く気付ければ治る病気も多い

早く気付ければ治る病気も多い

健康診断は年に1回全身のチェックを行うことで、病気を早い段階で見つけるという重要な意味があります。

犬は自分の不調を言葉で伝えることができませんので、体に起こっている小さな変化を見逃しやすくなります。

この変化は大きな病気の前兆であることもあり、長く放っておくと病気が進行・悪化し、重篤な状態になってしまうこともあるのです。

歩き方がおかしくなったり、食欲が減ったりと目に見えて分かる症状が出れば飼い主さんも気づきやすいのですが、体内の異常は視覚的に分かりやすいものばかりではありません。

そのため、毎年1回は健康診断を受けるようにし、本当に健康な状態かどうかを確認することが大切です。

また、万が一何らかの病気にかかっていた場合、少しでも早い段階で治療が行えれば、治癒する確率が高くなります

重篤な状態になってからでは治すことが難しい病気も多くあるため、早期発見に努めることが健康管理では非常に重要です。

かわいい表情や寿命の短さから、いつまでも若々しい状態であると勘違いしがちですが、犬の老化の進行は人間よりも早いものです。

愛犬と少しでも長く過ごすためには健康診断をしっかり受けて、管理をきちんと行ってあげましょう。

健康診断以外に飼い主が気を付けたい犬の健康管理

毎日の運動が健康管理の基本

毎日の運動が健康管理の基本

愛犬の健康のためには、毎日適度な運動を行う事が必要です。

犬種やサイズによって適切な運動量は異なりますが、どんなワンちゃんでも毎日散歩に行くのがベストです。

家の中だけではあまり運動が出来ない大型犬は1時間の散歩を1日2回、中型犬は1日1回(または30分を2回)行い、しっかり運動量を確保しましょう。

チワワやダックスフントといった小型犬の場合、散歩に行かなくても良い気がしますが、短時間でも毎日外に出して歩かせてあげることが大切です。

散歩に行くことで人や他の犬との触れ合いを通して社交性を学び、また外を歩く事で犬自身のリフレッシュにもなります。

また、犬は広い場所を走り回る動物なので、リードをつけた散歩だけでなく、思い切り遊べるドッグランや犬の使用許可がある公園などで好きなだけ遊ばせてあげる時間を持つようにしましょう。

犬は散歩などで外出する頻度が多いため、感染症予防のワクチンは絶対に接種しましょう。

意外と大切な犬の休息

意外と大切な犬の休息

犬も人と同じ様に、日々の生活の中でストレスを感じています。

特に、飼い主が長時間不在にした時や見知らぬ人と接した時、怖い思いをした時などは大きなストレスを感じます。

また、悪い事だけでなく犬にとって良い事でも、激しく興奮するような場面はストレスがかかっています。

ストレスは体の不調を引き起こし、病気になりやすい状態を作ってしまうため、運動でストレス解消をさせるとともにしっかり休息の時間を作ることも大切です。

犬がゆっくりと休める時間とスペースを作り、心と体の疲れを回復させるように努めましょう。

また、飼い主とのスキンシップも犬のストレスを緩和させるため、たくさん撫でて愛情を与えてあげてください。

ちなみに、スキンシップを取りながら愛犬の体の状態を観察することで、病気や異常の早期発見にもつながります。

猫用に書かれた記事ではありますが、「猫の飼育で気を付けたい健康管理のポイントは?」に掲載している変化の確認ポイントは犬にも当てはまりますので、ぜひ参考にしてください。

体内から健康を作る食事は慎重に選択を

体内から健康を作る食事は慎重に選択を

健康管理を考える上で運動と休息に加えて大切なのが、体の中から健康を作る食事選びです。

体の1つ1つの細胞は、食事から得られる栄養と酸素で活動していますので、どの様なドッグフードを与えるかは健康管理の要とも言えます。

今は手軽に買える安価なドッグフードも多くありますが、健康を考えるとおすすめできる物ではありません。

ドッグフードの製造にはペットフード安全法という法律が関係し、一定の基準は設けられていますが、実はこの法律は不足が多いため健康被害を与えかねないドッグフードが多く販売されてしまっています。

人には与えられない低品質の素材が使われていたり、病気になる恐れがある添加物が使われていたりと、その実態は想像以上に怖いものです。

手作りをすると手間と時間がかかりますし、正しい栄養バランスにするには専門的な知識が必要となり、家庭では偏りが出てしまうことで栄養失調を招きかねません。

健康管理をしっかり行うためには、安全なドッグフードを見極めることが大切です。

ドッグフードの選び方や安全な製品が知りたいという方は「グレインフリーやアレルギーフリーで評判のおすすめドッグフードは?」で紹介していますので確認してみましょう。

関連記事

PAGE TOP