犬・猫のペット保険比較ランキング|口コミでおすすめの保険

ペットの治療費が払えなくなった時は?

ペットの治療で急にお金が必要になった場合は?

ペットの怪我や病気は、いつ起こるか分かりません。
不測の事態が起こった時にお金がなかったらどうしたら良いか、対策を考えてみました。

ペットの治療費が払えない!?お金がない時の対処法

まずは動物病院の支払い方法を確認・相談

まずは動物病院の支払い方法を確認・相談

治療費支払いの時点でお金がないことに気づいたら、まずは動物病院で支払い方法の確認をしてみましょう。

動物病院はなぜか現金払いというイメージが強いようですが、今はクレジットカード払いを導入している病院もたくさんあります。

クレジットカードであれば、分割払いやリボ払いができますから、まずはクレジットカードが使えるかどうかを確認してみましょう。

もし、クレジットカードが使えなかった場合には、正直に相談してみてください。

言いにくいことではありますが、お金がないのは事実ですから、隠しても仕方がありません。

動物病院としても支払いをしてもらわない訳にはいきませんから、支払日を待ってくれたりや分割払いを認めてくれるなど、協力してくれる場合もあります。

家族に相談し、お金を借りて支払う

家族に相談し、お金を借りて支払う

動物病院で支払日を待ってくれたら、両親など身近な家族に状況を相談し、お金を貸してもらえるようお願いしてみましょう。

特に、ペットの飼育経験がある家庭であれば、治療費の高さにも理解がありますし、ペットを大切に考えてくれる事が多いため、援助してくれる可能性があります。

また、家族からお金を借りるのであれば金利もかかりませんし、返済日などもそれほど負担に思わなくて良いので、より良い条件でお金を工面できるのも利点です。

ただし、あまりに高額の治療費になると借りれない場合もありますし、さらに度重なる無心は家族の信頼関係を損ないます。

「親しき中にも礼儀あり」という様に、家族だからと甘えすぎず、特にピンチになったら相談するようにしましょう。

ペットローンを組んで工面する

ペットローンを組んで工面する

治療費支払いの時点でお金がないことに気づいたら、まずは動物病院で支払い方法の確認をしてみましょう。

動物病院はなぜか現金払いというイメージが強いようですが、今はクレジットカード払いを導入している病院もたくさんあります。

クレジットカードであれば、分割払いやリボ払いができますから、まずはクレジットカードが使えるかどうかを確認してみましょう。

もし、クレジットカードが使えなかった場合には、正直に相談してみてください。

言いにくいことではありますが、お金がないのは事実ですから、隠しても仕方がありません。

動物病院としても支払いをしてもらわない訳にはいきませんから、支払日を待ってくれたりや分割払いを認めてくれるなど、協力してくれる場合もあります。

カードローンに申し込んで調達する

カードローンに申し込んで調達する

ペットローンは、審査後の時点で借入金額が決まり、毎月銀行口座から引き落としをされますが、「余裕を持ってお金を借りたい」「より便利に使いたい」という場合におすすめなのがカードローンです。

テレビCMや電車内広告などで見かけた人も多いかと思いますが、カードローンはキャッシュカードのようなカードを使って、銀行やコンビニのATMでお金の融資・返済のやりとりをすることができるローンの仕組みです。

審査の際に用途は聞かれますが、ペットローンのような目的別ローンではなく、どんな使い道にも使用できるのが特徴です。

JICCによる2018年の統計では、1,000万人以上の人がカードローンに登録をしており、老若男女問わず多くの人が利用しています。

カードローンは銀行や消費者金融が取り扱っている商品ですが、店頭に行かずWEB上で申し込みができるので、「治療費が払えない」「病院代が高額になりそう」と分かった時点ですぐに申し込めるというスピーディーさがメリットです。

審査も最短即日で行われるので、すぐに動物病院へ支払いをすることもでき、長く不安を抱えることもありません。

もちろん、カードローンを利用していることは実家や職場へ伝わることもなく、自分以外誰にも分かりませんので、借り入れを知られたくないという方でも安心です。

カードローンは一度作っておけば、万が一の時に再審査をすることなく、限度額の範囲で何度でもお金を借りることができます。

また、必ず使用しなければならないという訳ではなく、カード発行後に借入をしなくても大丈夫ですので、ペットの万が一に備えて持っておくだけでも心の余裕になります。

治療・入院前に高額になりそうだと気付いた時の対処法

治療の内容とかかる金額を確認

治療の内容とかかる金額を確認

「ペットの治療費が高くなりそう」「入院が必要になるかもしれない」と思ったら、かかりつけの動物病院でしっかりと治療の内容を確認し、各治療にどれだけの費用がかかるのかを先に確認しましょう。

いくらかかるのか分からない状態でいるより、ある程度支出の目途をつけておく事ができれば、お金のやりくりを前もって考えることが可能です。

また、診療内容を確認することは、ペットにとってその治療が本当に必要なのかを確認するためにも大切です。

私事ですが、管理人の私が以前飼っていた猫を最初に通院させた近所の動物病院では、「どんな訴えにも、ビタミン注射1本1万円が実施・加算された」という事がありました。

人間にもセカンドオピニオンがあるように、その治療がペットのためになるのか、飼い主さんと獣医師とがしっかりと話し合い、納得のいく選択をすることがなにより重要です。

ペットの病気やケガ、治療は分からないことも多いとは思いますが、不要な支出を避けるためにもしっかりと話を聞き、考えた上で選択しましょう。

他の動物病院に相談してみる

他の動物病院に相談してみる

人間の病院には診療報酬制度というものがあり、健康保険が適用される治療であれば、どの病院にかかっても費用は一律です。

しかし、ペットの場合は健康保険がありませんので、人間でいうところの自由診療となっています。

つまり、治療費はすべて動物病院が独自に決めることができ、同じ治療内容であってもかかる動物病院によって値段が異なるのです。

もし、ペットの治療費が高いと感じたら、治療を受ける前に他の動物病院で相談し、費用がいくらになるのか聞いてみるのも一つの手です。

中には、相場をはるかに超えた高額な費用を請求する動物病院もあるのは事実ですから、疑問に思ったらセカンドオピニオンをしてみましょう。

ただし、金額ばかりを気にしてしまい、安易に治療費の安い動物病院にかかってしまうと、十分な技術や知識のない獣医師にあたってしまい、きちんとペットに合った治療が行えないというリスクもあります。

また、治療費が相場より高くても、最新設備や獣医師の質の高さなど、より良い環境で治療してもらえるという場合もあります。

今までかかっていた病院であれば診療記録が残っているため、より状態に合った診察が行えるというメリットもありますので、「治療内容」「金額」「診療環境」「獣医師との信頼性」を総合的に判断し、決定するようにしましょう。

カードローンで治療費を事前に確保しておく

カードローンで治療費を事前に確保しておく

「お金がない時の対処法」で紹介したカードローンは、一度審査をしてカードを作っておくと、解約までの間いつでも限度額内で借り入れをすることが可能です。

また、申し込み後すぐに借り入れをする予定がなくても、審査・発行してもらえますので、治療費への事前準備として備えておくことができます。

「治療費がかかりそうだな」と感じた時点で余裕を持った限度額でカードローンを作っておけば、治療費の支払いに慌てることがありません。

もちろん、カードを持っているだけではお金を借りている事にはなりませんし、作成したからといって年会費や利用料などが請求される事はないので、安心して作ることができます。

ペットの病気やけがは、いつどこで起こるか分かりませんから、貯蓄に不安がある人や治療費・入院費がかさみそうだと思ったら、カードローンを作っておくと良いでしょう。

今では非常に多くの金融機関がカードローンを発行していますので、事前に準備をするのであれば、利用条件等を比較してより自分に合った使いやすいサービスを探してみてください。

ペット保険に加入する

ペット保険に加入する

ペット保険は人間の医療保険のように、毎月決められた保険料を納めることで、病気・ケガの際に治療費を補償してくれるサービスです。

健康保険がないペットにとっては、ペット保険に加入しているかどうかで治療の際の費用負担が変わります。

毎月の保険料はそれほど高くなく、月額1,000円前後から加入ができますので、あらかじめ保険をかけていれば万一の時に治療費が軽減できます。

しかも、高額の治療や入院だけでなく、ちょっとした受診や経過観察の診察でも利用できますので、普段からかかる細かな出費も抑えられて経済的です。

診察代やお薬代が安くなると思えば、ペットのちょっとした変化に気付いたら躊躇することなく病院へ行けますし、早期発見・早期治療にも役立ちます。

ペット保険の種類と病院との提携の有無にもよりますが、動物病院の窓口で保険証を見せれば当日の支払いに保険が適用されますので、一時的に大きな金額を確保する必要もありません。

ただし、ペット保険は健康診断や予防接種、避妊・去勢手術など病気やケガ以外の診療には利用できません。

加入条件には、ペットの年齢や既往歴などで制限が設けられていることがほとんどですので、できるだけ若く元気なうちに加入しておくことをおすすめします。

関連記事

PAGE TOP